Monthly Archives: 1月 2017

良いドッグフードを選ぼう

良いドッグフードを選ぶためには、どんな点に注意すればいいのでしょうか。実は犬それぞれにも様々な性質がある分、それぞれの個々の犬に合った、ドッグフードのあり方などといったものがありますので、この点を最初に理解をしておかなくてはなりません。そしてそのうえで、各種販売・製造メーカーが扱う様々な種類の商品を見ながら、それらのうちで、最も自身の飼い犬に合うドッグフードのものを選んでいくなどといった流れのあり方が、一番理想的なカタチかもしれません。

しかし、こうしたドッグフードの選び方や見つけ方などといったようなやり方は、ドッグフードそのものに関しての知識がほとんど無いような素人である方にとっては、中々行う事が困難なのが現状です。そのための、添加物に該当するような化学物質や組成、無添加物という状態の定義などに関しての知識や判断方法に関して、学ばなければならない努力などが必要になってきたりするような場合もありますので、時間的なコストや労力などが掛かってしまうような場合もあります。

本当にこれらに関しての、判断のための知識の吸収や判断についての訓練なども必要になってくるところからも、決して簡単なものでは無いというのが現状です。それでも慣れさえすれば、自分のところの犬自身の健康管理などがかなり可能になりますので、大いに身に着けていく価値があるのは間違いがありません。

無添加のメリット

無添加仕様であるドッグフードにはメリットがありますが、具体的にどういったメリットがあるのでしょうか。やはり、自然の状態である食材のままの素材の良さを最大限に生かした使用という点において、それだけに保存面においてのあらゆる配慮の工夫などといったものが必要になってきたりするところは、否めません。

しかしその分、自然なままの状態で食させていけたりする事が可能な、大きなメリットがあるところは間違いがありません。このため、そうした特性といったものを生かしながら、犬達自身の健康維持をしていくためのドッグフードとしては、まさに最適な食品類でもあります。

そして、無添加のドッグフードのもう一つの特長が、人間でも食していく事が可能になっているという点です。飼い主によっては、自分の大切なペットが食すドッグフードが本当に安全なのか心配という方もいるでしょう。そんな時に、自身が食感を体感しながら、自身が飼っている犬自身の側の食べる立場が理解をしていけるという意味でも、こうしたタイプの商品は最適かもしれません。

また、いくら無添加仕様のドッグフードなどとはいっても、必ずしもそれで完全に犬自身の体調面において安全であるといった保証の確実性といったものがあるとは限りません。そうした事などをも留意をしながら、商品選びをすることがやはり重要といえます。

添加物入りとは

ドッグフード類の中にも、確かに化学構成物質や化学調味料などのような、いわゆる「添加物(てんかぶつ)」を使用したものなどが、決して少なくはありません。そのような事を聞くと、一瞬誰もが、犬達の体の健康面において有害なのではないのか、等々、様々な自分達なりの憶測をしたりしてしまうような方も、ある程度はおられたりするのではないのでしょうか。

しかし、そうした化学的な加工工程などで用いられたり、あるいは製造をされたりした添加物などとはいっても、必ずしもそれらのものが犬や人間の体にとって、必ずしも危険なものばかりではありませんので、その点を最初にようく留意をしておく必要があります。

この事からしても、いくら添加物入りのドッグフードであるからといって、それをよくも調べたりはしないような状態で、最初から論外的な扱いにするような商品選びのやり方などは、効率が悪いうえに、犬自身の体に必要な添加物の種類までのけ者にしてしまうような結果にもなりかねませんので、やはりそうした点でも考えものといえます。そして、本当に犬の体に不要な添加物、あるいは有害で不要な添加物といったものについて、自分なりにようく調べたりして確認をしながら、正しい判断をしたりしていく心掛けがとても大切です。

無添加ドッグフード

基本的に無添加ドッグフードなどと呼ばれるものは、私達人間が食べられる食材を用いつつ、それぞれの犬達の種類に関わりなく、全般的にどのような犬種のものでも食する事が可能な、化学調味料などをはじめとする添加物などを使用してないような状態であるドッグフードの事をいいます。

そして、牛や豚、鶏、馬、魚などの各種からなる動物類の肉類を犬向きに使用しており、そのうえ若い犬や老齢犬の区別無く、どのような年齢層の成犬であっても食していく事が可能なように、自然界にある無添加状態である食材の状態に近い条件の材料ばかりを使用していますので、安心して犬たちに食していけるような仕様になっています。このため、犬達が便秘などになったりする事も無く、柔らかいままのウンチによる排泄などを正常な状態で行うことも出来ますので、そうした面でも安心して食べさせられるような仕様でもあります。

また、そうした食材という特徴があったとしても、食べた犬自身が下痢とかになったりするような事態などもありませんので、安心して食させていく事が可能です。魚の肉なども天然食材として使用がされているような状態でもありますが、それでもちゃんと犬に対しての安全上、危険な骨などは全て、製造工程のうえにおいて取り除いてあるような状態ですので、内臓や口内とかを損傷してしまうような危険性などはありませんので、大丈夫な仕様になっています。このように、犬達のためをようく考慮をして製造をされているドッグフードの仕様になっていますので、とても安心です。

参考…アランズ ナチュラルドッグフード|100%無添加!プレミアムドッグフード通販